そもそもCADって何なの?

建築業や製造業などの分野では欠かせない存在であるCADですが、今さらCADって何なのか聞けないという人も多いのではないでしょうか。まずCADとは「Computer Aided Design」を略したものです。日本語にするとコンピュータ設計支援となり、図面の設計や作図をするのに欠かせないツールとなっています。元々は飛行機を設計するのに開発されたシステムなのですが、自動車などの機械系にも広がり、今では身の回りにあるものの多くがCADによって図面の設計・作図がされています。また、今では幅広い分野で使用できる汎用CADから何らかの分野に特化した専用CADなども使われているのです。

CADを使うことのメリットは?

CADを使うことによってどのようなメリットが有るのでしょうか。まず、CADが登場する前はすべて手書きで行われていました。そのため、線の太さなど細かい作業が大変でしたし、製図データの修正も手間がかかる作業でした。しかし、CADであれば、線の太さや修正に関しても修正したい箇所のみを簡単かつ正確に行えるようになりました。それにより製図がスムーズに簡単に作れるようになったのです。

また、CADはコンピューターで製図を行いますので、紙ではなくコンピューター内やサーバーなどに保存することが出来ます。これにより、コピーなども容易にできるようになりましたし、共有も簡単に行えるので複数の人間で共同作業を行うことも出来るようになりました。修正前のデータを残しておくことも可能なので、CADは手書きの製図よりも様々なメリットがあります。

電気CADとは、パソコンにインストールして使う『制御盤や配電盤などの電気部品を設計・製図するためのソフトウェア』です。