水漏れが生じた場合の応急処置の方法

台所やトイレで水漏れが発生した場合、配管の破損が原因の多数を占めます。経年劣化や異物の混入などの理由で配管に傷が付き、亀裂が生じたことで水が漏れ出た状態になっている場合が多いのですが、そのまま放置すると周囲の建材が腐食してしまうので危険です。速やかに修理業者に連絡しなければいけませんが、今すぐ来てくれるとは限りません。その間も水漏れは続いているので、建材の腐食を防ぐための応急処置が必要になります。水道の元栓を閉めるのが最良の方法ですが、すべての水道設備が使えなくなるので長く続けられる方法ではありません。破損した部分にゴム系の接着剤を塗り、亀裂を塞ぐことで一時的に水漏れを解消することができます。配管用のアルミテープを巻き付けるのも方法のひとつですが、接着剤と比べるとすき間ができやすいので注意が必要です。

修理業者に水漏れを直してもらう際の注意点

水回りのトラブルは専門の修理業者に直してもらうのが確実ですが、その一方で同じ修理でも業者の技術力で仕上がりの良し悪しが大きく変わります。また、配管の交換を行わずにその場しのぎの修復で済ませる悪質な業者も稀に存在することから、質の良い仕事を行う優良な業者を選ばなければいけません。日頃から近隣の修理業者に関する情報を集め、水漏れトラブルが起きた際はすぐに連絡できるようにしておくのが満足できる結果を得るための秘訣になります。破損した設備の交換だけではなく、定期的な点検も行う業者であれば、わずかな不具合を見つけて軽微な内に対処してくれるので安心です。作業も短時間で済むので、大きなトラブルが発生した際の修理と比べると少ない費用で良好な状態を保てることになります。

水漏れを発見した時は水道メーターの近くに設置されている止水栓を閉めて、二次被害を防ぐことが大切です。